不動産ニュース / 開発・分譲

2019/10/9

模型と360度スクリーンで、都市の未来を検討

1000分の1スケールの都市模型
プロジェクトマッピングを用いて、高低差を模型に映し出す

 森ビル(株)は9日、都市を俯瞰し都市と東京の未来を考えるための研究施設「森ビルアーバンラボ」のシアタールームをメディアに公開した。

 同施設は、国際都市間競争が熾烈化する中、「これからの東京」についてさらに広く議論を深める場所として開設したもの。同社所有の「六本木ファーストビル」(東京都港区)地下1階に立地する。総施設面積は約1,670平方メートル。

 約740平方メートルを占める「シアタールーム」には、1998年から作成を続け、半年に1度の更新を繰り返してきた1,000分の1スケールの都市模型を設置。縦15m×横24m、面積約200平方メートル、都心13区を中心に2019年3月末時点で開発が予定されていた施設が反映されている。また、模型を取り囲むように高さ6mのパノラマスクリーンも設置。模型とスクリーンにプロジェクションマッピングを映し出し、「海岸線の変化」「都市の地形」「交通網」「人口推移」「用途地域の変化」「東京2020オリンピックに向けた開発」等、都市の変遷や特徴を紹介する。
 併せて、同じ1000分の1スケールで作成した「ニューヨーク」「上海」の模型も配し、東京との比較検討も行なえる場とした。

 ラボにはこのほか、「シアタールーム」で都市を考えた上でそれを具体的なプロジェクトにするための検討を行なう「アトリエ」や、都市模型の制作過程が見られる「モデルショップ」等も設ける。

 同施設は、同社が進めるまちづくりに関わる地権者や、行政関係者等に公開し、議論の場として活用する。未来の都市を担う子供たち向けの公開イベント等も企画・検討していく予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年11月号
日々の実務に役立つ情報満載です

さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果や、ユーザーの反響などを伺い、普及への「カギ」を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/10/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号19年11月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは「DIY賃貸 普及のカギは?」。築古物件の利活用や、特定のターゲットに向けた導入など、さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果、ユーザーからの反響等を伺いつつ、普及への「カギ」を探りました。
併せて、座談会「令和時代の不動産流通業」も掲載!少子高齢化、人口減少などの社会課題に直面する今…、業界のあるべき姿とは?不動産会社に求められることとは?活躍する5人の若手実務者が意見を交わしました!