不動産ニュース / イベント・セミナー

2019/10/11

CS向上に向け、優良事例を紹介/プレ協

大会には、会員各社から約700人が出席した

 (一社)プレハブ建築協会は11日、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で第18回となる「住宅産業CS大会」を開催。会員各社社員を中心に約700人が集まった。

 同大会は、協会会員各社が情報交流を行ない、業界の品質レベルを高めることを目的に、2005年に開始したもの。今年度は、「『CSへの取り組み』~お客さまと企業を末永くつなぐ責任と信頼~」をテーマとした。

 事例発表では、ミサワホーム(株)カスタマーサポート推進部 コミュニケーション推進課課長の竹重明徳氏らが、自社のコールセンター機能の拡充、デスク担当者のスキルアップ支援や、Web体制強化によるオーナーリレーションの強化といった取り組みを紹介。(株)ヤマダホームズ技術本部 設計統括部 設計部 上席課長の安部文子氏は、リフォームやメンテナンス等に使用できる、オーナー向けの積立型プリペイドカードの仕組みなどを紹介した。

 開会に際し挨拶した、同協会専務理事の平松幹朗氏は、「今回の講演の中で、関心を持たれた内容を自社に持ち帰っていただき、職場の仲間と共有し、ぜひ新たな取り組みを実践していってほしい。今後も大会の開催を通じて、会員各社の業績向上ならびに国民の住生活の向上に寄与していきたい」などと述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。