不動産ニュース / リフォーム

2019/10/29

京町屋をリノベーション、次世代住宅に

「京都 醍醐寺の家」リノベーションの経過

 YKK AP(株)は25日、住宅建材商社の平安建材(株)と同社が事務局を務める「京ぐらし」ネットワークと共働で取り組む、既存戸建住宅の性能向上リノベーションを実証するプロジェクト『京都 醍醐寺の家』を、11月に竣工すると発表した。

 『京都 醍醐寺の家』は、世界文化遺産にも登録されている「醍醐寺」の真西に建つ築112年の京町屋。敷地面積は約101平方メートル、延床面積は約93平方メートル。木造在来軸組工法2階建て。

 景観保全の規制に配慮しながらリノベーションし、「断熱」と「耐震」の性能向上にこだわった上で、最新のIoT建材を導入するなど、一般的な新築住宅の性能を上回る水準とした。

 高い断熱性能を実現するため、窓は、断熱と外観意匠に優れたYKK APの高性能樹脂窓「APW30」木目仕様に入れ替え。断熱性能はUA値:3.49W/平方メートル・Kから同0.46 W/平方メートル・Kと、7倍以上向上させた。北海道並みの断熱レベルとなり、年間冷暖房費も約5割削減できる見込み。

 耐震性能向上では、同社の開口部耐震商品「FRAME II」を採用。窓の数や面積を減らさずに開口部の耐力壁量を増やしたことで、震度6強の地震でも倒壊しない耐震等級3相当まで強度を高めている。

 また、家電や住宅設備機器を声で制御するAIスピーカーや戸締り安心システム「ミモット」といった、最新のIoT建材も導入している。

 なお、同物件は、2020年5月末まで両社のコンセプトハウスとして事業者や一般ユーザー向けに公開。性能向上リノベーションのノウハウ提供や、地域への情報発信に活用していく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。