不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/11/7

ビル事業営利7%減/三菱地所20年3月期2Q

 三菱地所(株)は7日、2020年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。

 当期(19年4月1日~9月30日)は営業収益5,352億2,600万円(前年同期比7.3%減)、営業利益922億7,600万円(同13.7%減)、経常利益810億8,300万円(同13.7%減)、当期純利益480億7,800万円(同22.2%減)であった。

 主力のビル事業は、期初時点で発生していた空室の埋め戻しが想定より早いスピードで進み、全国全用途の空室率は1.98%(前期比0.31ポイント低下)、丸の内エリアオフィスビルは2.51%(同0.18ポイント低下)といずれも改善した。
 また、平均賃料は2万7,177円(同267円上昇)と上昇した。
 一方、物件売却収入・利益が減少。営業収益2,504億2,700万円(同8.7%減)、営業利益714億1,400万円(同7.0%減)と、減収減益となった。

 住宅事業は、国内分譲マンション売り上げの減少、賃貸マンション売却収入の減少により、営業収益1,510億9,100万円(同17%減)、営業利益47億4,100万円(同64.8%減)と落ち込んだ。

 生活産業不動産事業は営業収益646億1,500万円(同25.1%増)、営業利益181億6,300万円(同23.6%増)、不動産サービス事業は営業収益166億4,900万円(同10.8%増)、営業損失5億1,200万円(前年同期:営業利益6億7,900万円)。

 下期は、ビル事業、海外事業における物件売却と、国内分譲マンションの引き渡しによりキャピタルゲインを大きく確保する予定。通期予測は変更せず、営業収益1兆3,600万円、営業利益2,300億円、経常利益2,070億円、当期純利益1,370億円を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。