不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/11/7

賃貸事業が好調/三井不20年3月期2Q

 三井不動産(株)は7日、2020年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。

 当期(19年4月1日~9月30日)の売上高は8,887億7,600万円(前年同期比3.3%増)、営業利益1,186億400万円(同5.8%増)、経常利益1,078億2,900万円(同1.2%増)、当期純利益663億2,400万円(同3.2%減)。最終利益の減少は、前年同期は法人税率の低い英国等での利益計上が多かったことから、その反動によるもの。

 賃貸事業は、既存オフィスの賃料増額改訂や、前期竣工の「日本橋高島屋三井ビルディング」、米国の「55ハドソンヤード」等の通期稼働が収益に寄与。セグメント売上高3,131億7,300万円(同6.9%増)、営業利益782億300万円(同9.1%増)となった。首都圏オフィスの空室率は1.8%(同0.9ポイント減)。

 分譲事業は、国内分譲マンションの引渡戸数が1,775戸(同388戸増)となるなど増収増益だったが、投資家向け・海外住宅分譲等が前年同期の反動で減収減益。セグメント売上高は2,229億4,800万円(同4.4%減)、営業利益347億8,800万円(同8.4%減)。新築マンション分譲の当期計上予定戸数3,400戸に対する契約進捗率は94%(同4ポイント増)。

 マネジメント事業は、リパーク事業の管理台数増加と、リハウス事業の仲介件数増加等でセグメント売上高2,064億4,200万円(同5.8%増)、営業利益288億9,300万円(同21.9%増)だった。

 業績好調を受け通期予想を上方修正。売上高2兆130億円(前回発表比:130億円増)、営業利益2,800億円(同130億円増)、経常利益2,590億円(同130億円増)、当期純利益1,750億円(同50億円増)を見込む。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。