不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/11/12

ロボットの社会実装に向け、TF設置/経産省

 経済産業省と国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12日、施設管理、小売・飲食、食品の各分野におけるロボットの社会実装に向けて、「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース(TF)」を立ち上げたと発表した。

 同TFは、人手不足等の社会課題解決に向けて、各業界でロボット導入をけん引している企業や教育機関が共同で、ロボットの社会実装に向けた取り組みを行なっていくもの。TFメンバーは、ロボット実装モデル創出に貢献すると共に、創出されたモデルを業界内のみならず類似業界にも横展開していくことを目指し、人手不足等に苦慮する企業等が幅広くロボットを導入するための基礎を構築していく。

 今後、19年度末をめどに3分野のロボット実装モデルをとりまとめ、公表する予定。不動産業界からは、三菱地所(株)、森トラスト(株)が参画する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。