不動産ニュース / 仲介・管理

2019/11/13

マンスリーマンション事業の展開加速/日本財託

今後の経営戦略などについて語る、同社代表取締役の重吉  勉氏

 日本財託(株)は12日、霞山会館(東京都千代田区)で11回目となる「マスコミ懇談会」を開き、同社代表取締役の重吉 勉氏が業績や今後の展望について語った。

 同社の2019年9月期の決算(連結)は、売上高293億9,200万円(前年比1.3%増)、経常利益22億8,700万円(同12.8%増)と増収増益となった。重吉氏は、「今年の10月で、当社は創業30周年を迎えた。バブル崩壊、大震災などさまざまな苦難を乗り越えられたのは、不動産管理業に着目したからこそ。現在、取引オーナー8,000名、管理戸数2万2,000戸と、順調に成長を果たしている」などと述べた。管理物件の入居率は99%を超えている。

 また同氏は、入居率向上を見込み、都心部以外の駅から離れた物件や、旧耐震基準の物件など、成約に苦戦する物件には、2つの施策を実行していく方針を示した。「一つは、近年物件獲得の動きを加速するOYOに貸し出すこと。すでに43部屋を貸している。二つ目は、ホームステージングだ。ポータルサイトに写真を掲載すると、毎回想定以上の反響がある。成約までに約3ヵ月かかった部屋が、ホームステージングによって1週間で決まったケースもあった」(同氏)。

 18年5月から開始したマンスリーマンション事業については、現在約190室を展開。「ホテルが不足しているため、都心部での需要は高い。ホテルと比較して料金も安価なため、社員研修を行なう企業などから好評をいただいている。20年3月までには300室の展開を目指していく」などと述べた。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。