不動産ニュース / 仲介・管理

2019/11/22

テナントの心をつかむ取り組みを紹介/WWBA

31社から95名が参加。成功事例を共有した

 ビル運営事業者が不動産のサービス面について情報共有・研究しているグループWIN WIN BLDG ASSOC(WWBA、事務局:郵船不動産(株))が21日、勉強会を開催。31社から95名が参加した。

 「今年一番、テナントさんのハートをつかんだエピソード」をテーマに、ビル運営・管理の現場で実際に行なった取り組みについて、具体的内容やテナントの反響なども含めて登壇者が紹介。従業員の家族を招く“ファミリーデー”開催にあたって協力を求められ、業務を超えてさまざまなリクエストにも対応、喜ばれたケースや、閉館するビルのお別れ会を開催してビルへの思いをテナントと共有できたケースなど、15の事例が紹介された。

 工事によるレストラン休業時に昼食提供・CSRの一環として、障害者を雇用するベーカリーのパンを販売する取り組みを実施し大変喜ばれた事例では、「レストラン側から、意見が寄せられるといったことはなかったか?」といった質問が出席者から寄せられ、「CSRの一環でもあるということをきちんと伝えたところ、喜んで賛同してもらえた」との回答に「参考になった」との声が聞かれるなど、質問・意見なども活発にやりとりがなされた。

 事務局を務める郵政不動産の村田 理氏は、「ビル賃貸事業者にとって、そのビルのファンになってもらうことが重要なミッションの一つ。テナントの心を“わしづかみ”にするコツを参加者で共有、一緒に取り組むことで、同業事業者、テナントも含めてwin-winの関係を築いていけたら」と述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。