不動産ニュース / その他

2019/12/4

19年度宅建試験、合格ラインは35問

 (一財)不動産適正取引推進機構は4日、10月20日に実施した2019年度「宅地建物取引士資格試験」の実施結果を発表した。

 全国232会場で実施した同試験は、受験者数22万797人(前年比3.2%増)、受験率は80.0%(前年度:80.6%)だった。合格者は3万7,481人(前年比12.4%増)で、合格率は17.0%(前年度:15.6%)となった。なお、合格者の男女の内訳は、男性2万4,188人、女性1万3,293人。合格者のうち登録講習修了者は1万1,838人で、合格率は22.9%。

 合格者判定基準は50問中35問以上正解、登録講習修了者は45問中30問以上正解となった。

 合格者の平均年齢は35.4歳。最高齢は89歳男性、最年少は14歳男性、18歳未満の合格者は16人だった。

この記事の用語

宅建試験

宅地建物取引業法第16条第1項にもとづき、都道府県知事が実施する資格試験のこと。正式名称は宅地建物取引士資格試験である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/25

「記者の目」更新いたしました

ワークスペースでまちに力を」を配信しました。まちの活性化を目的にワークスペース運営に取り組む2者を取材。ワークスペースの提供がまちにどのような影響を与えるか、実際の取り組みやその効果をレポートしています。