不動産ニュース / 政策・制度

2019/12/9

省CO2先導プロジェクト2019を決定/国交省

 国土交通省は6日、「省CO2先導プロジェクト2019」を決定した。

 省エネ・省CO2に係る先導的な技術を導入した住宅・建築物のリーディングプロジェクトを支援するもの。

 国立研究開発法人建築研究所が設置した学識経験者からなる評価委員会による評価結果を踏まえ、一般部門3件、中小規模建築部門2件、LCCM住宅部門8件(53戸)を採択した。

 建築物(非住宅)では、一般部門の採択プロジェクトは、「HS計画(清水建設(株)北陸支店 新社屋計画)」(新築)、「地方都市 札幌市における先導的エネルギーセンタープロジェクト」(マネジメント)。中小規模建築部門のプロジェクトは、「常盤工業(株)本社改修工事」(新築)、「石黒建設(株)新社屋建築における省CO2先導事業」(新築)。住宅では、一般部門の採択プロジェクトは、「多世代同居住み継ぎ地域に根ざす省CO2改修プロジェクト」(改修)。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

国土交通省

国の行政事務を分担管理する機関のひとつ。国土交通省設置法に基づいて設置され、その長は国土交通大臣である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?