不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/12/9

住宅リフォーム市場、駆け込み需要で伸長

 (株)矢野経済研究所は6日、2019年第2四半期(4~6月)と第3四半期(7~9月)の住宅リフォーム市場のトレンド調査結果(速報値)を発表した。「10平方メートル超の増改築工事」「10平方メートル以下の増改築工事」「設備修繕・維持関連」「家具・インテリア等」の4分野が対象。

 住宅リフォーム市場規模は、第2四半期が1兆5,911億円(前年同期比4.0%減)。消費税率引き上げによる駆け込み需要は、想定よりも鈍く、前年同期比マイナスでの推移となった。第3四半期は1兆8,052億円(同24.8%増)。駆け込み需要が、ようやく実需として顕在化したことによって、市場が大きく伸長。増税の影響を受けやすい家具・インテリアの消費が大きく伸びたことに加え、9月までに工期が完了する機器交換・設備交換などの短工期のリフォームが増えたものと予測している。

 19年1~9月期は、4兆6,681億円(同8.4%増)だった。19年は、第1四半期(1~3月)は消費税率引き上げに対する特例措置となる大型リフォームの駆け込み需要が生じた関係でプラスに転じたものの、第2四半期はやや低迷。その後、第3四半期で大幅増となり、住宅リフォーム需要は消費税率引き上げに関連して、影響を受ける結果となった。

 なお、19年の住宅リフォーム市場規模は、6兆3,000億~6兆6,000億円と予測。大幅な駆け込み需要はなかったものの、小幅な需要がプラス方向に影響している。第4四半期(10~12月)は、ある程度の反動減が見込まれるが、「次世代住宅ポイント」(国土交通省が実施する消費税率引き上げ後の対策)によって需要が下支えされることが期待されるとした。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リフォーム

建物の構造強化、機能向上などを図るための改修をいう。リフォームの種類には、耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、耐久性向上化などのための工事がある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。