不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/12/26

ステージング、賃貸は2週間以内の成約が約半数

 (一社)日本ホームステージング協会は25日、3回目となる「ホームステージング実態調査」の結果を、「ホームステージング白書2019」として公表した。調査は19年7月1日~8月31日、会員向けのアンケートを送付して回答を収集。回答総数は48件だった。

 今回の調査では、総合調査のほかに不動産仲介業・不動産賃貸業・ホームステージング業といった業種別の調査も実施した。

 「ホームステージングしてから成約するまでの期間」について、不動産仲介業では「3ヵ月以内」が31%で最多。「2ヵ月以内」が29%、「1ヵ月以内」が18%と続いた。回答の8割で3ヵ月以内に成約しているという結果になった。また、不動産賃貸業では、「2週間以内」が29%で最も多く、「1週間以内」が18%で続いた。同協会では「賃貸の場合はまだホームステージングを導入している物件が少ないこともあり、早期契約につながっていると考えられる」としている。

 また、ホームステージングが顧客に与えた影響について聞くと、「ほとんどの買い主に影響があった」が42%、「一部の買い主に影響があった」は58%。また、借り主については「ほとんど借り主に影響があった」が75%を占め、「一部の借り主に影響があった」は25%。どちらも「影響はなかった」という回答はなかった。

 ホームステージング会社に対して、依頼元について聞くと、「不動産仲介会社」が23%、「不動産管理会社」が19%、建設業・ハウスメーカーが19%となった。このほか、「個人顧客(売り主など)」が12%、「賃貸オーナー」が11%となるなど、一般ユーザーからの依頼も増えているという。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ホームステージング

売却予定の建物の円滑な売却に資するべく、部屋にインテリア等を配置するなどしてその物件に魅力を付加するサービスをいう。英語のHomestaging。ホームステージングに使われるインテリアは、家具、照明器具、カーテン、小物類が中心で、主要なスペースに限って配置する場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。