不動産ニュース / 開発・分譲

2020/1/14

東京建物のビルでサイバー攻撃対策の実証実験

 東京建物(株)とパナソニック(株)は14日、パナソニックが開発中のビルオートメーション(以下、BA)システム向けサイバーセキュリティソリューションの実証実験を、首都圏に所在する東京建物の既存ビルで実施すると発表した。

 オフィスビルにおいて、BAネットワークを通じてシステムの情報を収集・分析し、照度・室温等を最適化したオフィス空間の提供やエネルギー利用の最適制御を実現する事例が増加している。さらに複数ビルをインターネットで接続し、同一拠点から遠隔で監視する運用も普及。こうした状況から、遠隔からのインターネットを介したサイバー攻撃により、BAシステムが正しく稼働しなくなるリスクも高まっている。

 そこで今回、BAシステムのサイバー・フィジカル・セキュリティ対策の実施に向けて、設備資産を調査し、サイバー攻撃のリスク評価を行なう。さらに設備資産の調査で収集した通信データにBAシステムの攻撃データを模した通信を紛れ込ませたサイバー攻撃のシミュレーションデータを生成。これをパナソニックが保有するAI技術を活用したサイバー攻撃検知ソフトウェアに入力し、疑似サイバー攻撃の通信を検知できるかを実証する。

 両社は、今回の実証実験で得られた検知を基に、ビルのサイバー・フィジカル・セキュリティ対策に向けたソリューション開発を進めていく計画。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?