不動産ニュース / 開発・分譲

2020/1/14

銀座に食と遊びの商業施設/東京建物

「FUNDES(ファンデス)銀座」外観

 東京建物(株)は、都市型コンパクト商業施設「FUNDES(ファンデス)銀座」(東京都中央区)の15日のグランドオープンに先立ち、14日にマスコミ・関係者向け内覧会を開催した。

 「FUNDES」は、飲食店舗を中心とした商業施設シリーズ。初弾「FUNDES水道橋」(2015年オープン)から数えて銀座は5店舗目。

 JR「新橋」駅銀座口より徒歩5分、東京メトロ「銀座」駅より徒歩6分、人通りの絶えない銀座コリドー街に立地。敷地面積約219平方メートル。鉄骨造一部鉄筋コンクリート造地下1階地上11階建て、延床面積約1,866平方メートル。

 東京初進出となる富山の人気寿司店「廻転とやま鮨 銀座」や、全国の産直食材を提供する「RIB HOUSE/OCEAN HOUSE」といった話題の飲食店に加え、フード・ドリンクと共にマジックショーを楽しめるマジックレストラン&バー「GIOIA銀座店」、全室にLIVE DAM Aiを導入した「カラオケ&ダーツ VIGO Produced by BIGECHO」など、魅力的な食事に加えここだけの感動が体感できるエンターテインメント性の高いテナントも揃えた。

 オープニングセレモニーに登壇した東京建物商業事業第一部長の乃木明彦氏は「FUNDESのフラッグシップ施設として運営していく。 “上質な大人の時間”のコンセプトをもとに、出店いただくテナントには新たな業態開発など、さまざまな趣向を凝らしていただいた。地元に愛され、支持される施設として運営していく」などと挨拶した。

10階「ぎんざ阿吽はなれ」。鹿児島から空輸した地魚を提供する
8階のマジックレストラン&バー「GIOIA銀座店」。本棚で入り口が隠れる1日1客限定のシークレットルームなど、店内にも工夫を凝らした

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。