不動産ニュース / 開発・分譲

2020/1/23

投資用ワンルームの災害対策を強化

 (株)アーバネットコーポレーションは22日、自社開発の投資用ワンルームマンション向け「アーバネット防災プログラム(台風対策)」を策定したと発表した。

 2019年の台風15号、19号の発生等を受けて、マンションでも窓ガラスの破損、浸水、停電等が発生し、エンドユーザーの防災意識が高まっているが、投資用ワンルームマンションでは区分所有者が実際に住んでいないという物件の性質上、全体的な防災対策に遅れが見られている。そこで、同社では、台風対策の取り組みを急務と考え、新たなプログラムを作成した。

 設計面では、共用部1階に防災倉庫を設置。電気室は必ず地上階に設置し、1階に設置する場合は防水ドアも設ける。設備面では、強風対策としてガラスおよび網戸の飛散脱落対策、サッシの耐風圧性能の強化を、豪雨対策として共用部への雨水侵入対策の強化等を、停電対策として停電時の備品対策等を行なうとした。

 今後開発する投資用ワンルームマンションで順次採用していく方針。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!