不動産ニュース / 政策・制度

2020/1/28

都、マンション管理・再生促進計画でパブコメ

 東京都は、2月25日まで「東京 マンション管理・再生促進計画」(素案)のパブコメを募集している。

 都は、「東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例」第4条に規定する、条例の目的の実現に向けた基本的施策を具体化し、推進するための総合的な計画を定めるため「マンションの総合的な計画に関する検討会」(座長:齊藤広子横浜市立大学教授)を開催している。

 今回の計画では、今後10年間の目標を設けるとともに、マンション管理条例に基づく届出制度を活用し、適正管理から円滑な再生につながる切れ目のない支援策を展開するとした。

 具体的には(1)マンションの適正な管理の促進として、「管理組合による自主的かつ適正な維持管理の推進」「管理状況届出制度を活用した適正な維持管理の促進」「管理の良好なマンションが適正に評価される市場の形成」を進めていく。

 また、(2)老朽マンション等の再生の促進として、「マンションの状況に応じた適切な再生手法を選択できる環境の整備」「旧耐震基準のマンションの耐震化の促進」「まちづくりと連携した老朽マンション等の再生」に取り組んでいくとしている。

 計画期間は2020年度から29年まで。意見の提出方法はホームページ参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。