不動産ニュース / ハウジング

2020/1/28

4層フロアの共働き世代向け新商品/三井H

吹き抜け大空間の1.5階リビング

 三井ホーム(株)は28日、総合住宅展示場「幕張ハウジングパーク」(千葉県花見川区)で、注文住宅商品「SCARA(スカーラ)」のメディア向け見学会を開いた。

 ミレニアル世代を中心とした共働き家族がターゲット。スキップフロアの採用により、2階建てながら4層のフロアを構成。大きな吹き抜け(天井高約6m)の「スキップリビング」は、家の中心となる1.5階に配置。フロアを半階分上げることで、外部からの視線を気にすることなく、ゆったりとくつろげる空間とした。また、1階のダイニング・キッチンや、2階ホールに設置した趣味やワークスペースに使える「パノラマカウンター」とも空間をつなげることで、住戸内のどこでも家族の気配を感じながら、それぞれの時間を楽しめる暮らしを提案する。

 家事負担を軽減するために、浴室に隣接して「洗う・干す・乾かす」を集約した「ファミリーランドリー」を設置。家族の衣類を1ヵ所にまとめた「ファミリークローク」も採用した。

 さらに、防災意識の高まりに配慮し、1.5階の「スキップリビング」下の空間を防災用品や日用品などの保管スペース「スキップストック」にした。

 屋根は太陽光パネルを搭載しやすい片流れで、大容量の太陽光発電システムを標準装備。ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)への対応も可能とした。なお、同社のZEH普及率は、18年度は20%、19年度は30%、20年度には50%を目指すという。

 同社営業推進部長の吉田晋也氏は「当モデルハウスの1月の来場は、昨年と比較して2割増となっている。開放感のある空間がミレニアル世代に好評で、受注はこれからだが、検討客が多数いる状況」と話した。

 販売目標棟数は年間100棟。参考価格(延床面積35.45坪)は2,685万2,000万円(1坪当たり75万7,000円)。

この記事の用語

モデルハウス・モデルルーム

住宅販売などに当たって展示・PRのために建設された住宅または部屋をいう。住宅建築の受注や分譲住宅の販売のために建てる戸建て住宅が「モデルハウス」、マンション販売の場合などにおいて展示する部屋が「モデルルーム」である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。