不動産ニュース / 開発・分譲

2020/2/3

住友不他、「横浜」駅徒歩圏で大規模レジデンス

大規模レジデンス「シティテラス横浜」外観完成予想図。左がサウス棟、右がノース棟

 住友不動産(株)と阪急阪神不動産(株)は、新築分譲マンション「シティテラス横浜」(横浜市西区、総戸数313戸)のモデルルーム「総合マンションギャラリー横濱館」をオープンした。

 JR「横浜」駅徒歩8分(ノース棟)・9分(サウス棟)、相模鉄道本線「平沼橋」駅徒歩2分に位置。全10路線が利用可能で、横浜駅周辺のにぎわいある商業集積エリアを抜けるフラットアプローチ。敷地面積5319.64平方メートル、延床面積2万6,574.95平方メートル、鉄筋コンクリート造地上10階建て(ノース棟・229戸)・地上15階建て(サウス棟・84戸)。

 外観は、白と黒のコントラストの利いた色使いと豊富にあしらったガラスが印象的なスタイリッシュデザインに。道路を挟んで南北に分かれた敷地に、ノース棟とサウス棟を計画。ノース棟は、東西に長い敷地を生かし南東向きに3LDKを配棟、北西向きにワイドスパン(8.5~9m超)の2LDKを配棟した。サウス棟は、「緑」「子育て」「防災」をキーワードに市街地環境設計制度を採用することで、10~15階建てを実現。敷地内には、歩道上空地や公開空地による広々としたオープンスペースをつくり、地域周辺の開放的な空間を設ける。認可保育園も設置予定。
 また、ノース棟・サウス棟ともに人と自動車の動線を分けた歩車分離設計を採用し、住まう人の安全性に配慮。前入れ、前出しが便利なタワーパーキングや、建物内のゴミ置場など、快適な暮らしを実現するための工夫を取り入れた。

 第1期販売は3月上旬の予定。間取りは1LDK~3LDK、専有面積は40.46~80.09平方メートル。販売戸数、販売価格ともに未定。
 竣工は、ノース棟が2021年8月下旬、サウス棟が同年11月上旬。入居は22年3月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフター/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/8

「記者の目」更新しました!

人とまちをつなぐ商店街の『寄合所』」配信しました!
国際観光都市として知られる岐阜県高山市だが、観光の目玉である「古いまち並み」に隣接する中心市街地の商店街は、空き店舗化が進んでいる。地域を盛り上げようと、地元のある不動産事業者が立ち上がった。