不動産ニュース / 開発・分譲

2020/2/3

名古屋にオフィス複合型商業施設/イオンモール

オフィス複合型商業施設「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」外観イメージ

 イオンモール(株)は1月31日、オフィス複合型商業施設「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」に着工すると発表した。これまでとは異なる新たな商業施設開発と、“働く人と企業の成長を支えるオフィス”を融合する事業の1号店として開業。

 計画地は、名古屋駅北東1kmに位置。周辺は、2027年開業予定のリニア中央新幹線に向けた開発計画が進み、企業の拠点集約・移転や人口増加が見込まれるエリア。「ノリタケの森」と隣接した豊かな緑を有し、徒歩圏内には「トヨタ産業技術記念館」も立地するなど、産業観光エリアとして国内・海外からの人気が高まっている。
 敷地面積約5万7,000平方メートル、延床面積約14万平方メートル、鉄骨造地上6階建て。1~3階の商業施設の総賃貸面積は約3万7,000平方メートル、4~6階のオフィスの総賃貸面積は約2万2,000平方メートル。

 モールの上にオフィスを配置することで、ワンフロア賃貸面積は約7,000平方メートル超に。企業の拠点集約ニーズに柔軟に対応できる。また、健康診断が受診できる医療施設や、森の豊かな木々が望めるフィットネスクラブ、仕事の前後や休憩時間を利用しての運動プログラムや、睡眠、姿勢矯正、マッサージ、ヨガ体験などのサービスも計画する。オフィスフロアには、ワーカー向けの「森の見えるラウンジ」を併設するほか、アプリを使ったランチ予約やロッカーサービス機能の計画も予定している。

 開業は21年秋の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。