不動産ニュース / IT・情報サービス

2020/2/14

丸紅アークログと業務提携/長谷工コーポ

Arch-Logオブジェクト検索画面(提供:丸紅アークログ(株))

 (株)長谷工コーポレーションは14日、丸紅アークログ(株)(東京都港区、代表取締役社長:三川 亮氏)との業務提携を発表した。

 丸紅アークログは、BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)オブジェクト(柱・壁・床などの建築部品、照明機器、家具など、BIMモデルを構築する部品)の総合検索プラットフォーム「Arch-LOG」を運営する会社。今回の提携は、BIMオブジェクトの拡充とプラットフォーム活用が目的。

 長谷工では、「長谷工版BIM」の水平展開と関連技術の開発を進めているが、BIMが設計・施工者だけでなく、建材・什器メーカーなどでも利活用され、増大するBIMオブジェクトを集約、管理するプラットフォームの構築が課題となっていた。

 「Arch-LOG」には、一般的な建築部材、建材メーカーが作成しているオブジェクトや各素材のカタログデータの他、衛生陶器や厨房機器、医療機器などのデータも同一のプラットフォームに格納されている。「Arch-LOG」を活用することで、多種多様なオブジェクトの検索やBIMに取り込む手間、素材選択からサンプル依頼、色彩などを確認するためのマテリアルボードの作成に至るまで省力化を図ることができる。また、高精細なレンダリング機能(形状・色・質感など、3Dモデルの情報をリアルに表現する機能)を活用することで、関係者間の意思決定の迅速化を図ることが可能となる。

 同社では、こうしたメリットを最大限活用していくため、設計部門全体で「Arch-LOG」の利用を促進。BIMオブジェクトの拡充を図るとともに、デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものに変革する「デジタルトランスフォーメーション」への取り組みの一環としてBIM活用を推進していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。