不動産ニュース / 開発・分譲

2020/2/14

「ららぽーと愛知東郷」、9月にオープン

「三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷」イメージ

 三井不動産(株)は13日、愛知・東郷町で開発しているリージョナル型ショッピングセンターの施設名称を「三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷」に決定。入居予定の約210店舗のうち188店舗を先行発表した。 

 名古屋鉄道豊田線「日進」駅より約2.2kmに位置。国道153号線と県道57号線の至近に立地し、東西南北からのアクセスに優れている。敷地面積は約8万9,000平方メートル、店舗面積は約10万4,900平方メートル。同施設は、東郷中央土地区画整理事業における、にぎわい空間を創出し、まち全体の発展に寄与するための商業機能を担うものとして開発されるもので、“街のクラブハウス”という環境デザインコンセプトを基に設計されている。

 テナントにはスーパーマーケット「平和堂」やアウトドアショップ「アルペンアウトドアーズフラッグシップストア」、バラエティスポーツ施設「VS PARK」の他、ファッション、雑貨、飲食など。店舗数は愛知県中部エリア最大級。

 さらに従業員の働きやすい環境の実現とES(従業員満足)向上を目指し、機能面の充実とデザインに配慮。間仕切りのあるカウンター席や、仮眠をとりやすいソファを設置するほか、休憩室に併設し気軽に利用できるコンビニエンスストアや従業員専用駐車所などを設ける。

 開業は9月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。