長谷工コーポレーションの一覧

2019/3/6

不動産ニュース 2019/3/6

名古屋・錦二丁目でタワマン着工

野村不動産(株)と旭化成不動産レジデンス(株)、エヌ・ティ・ティ都市開発(株)、(株)長谷工コーポレーションは6日、愛知県名古屋市の伏見・錦二丁目エリアで進めている「名古屋・錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」の新築工事に着工した。地下鉄桜通線...

不動産ニュース 2019/3/6

こども絵画コンテストの表彰式開催/長谷工G

長谷工グループはこのほど、全国の小学生を対象に実施した「HASEKO 未来の住まいアイデア こども絵画コンテスト」の表彰式を京王プラザホテル多摩(東京都多摩市)で開催した。子供たちの想像力を育み、成長の手助けをすることを目的に開催しているもので...

2019/2/28

不動産ニュース 2019/2/28

東大の校舎をリノベして寄付/長谷工

(株)長谷工コーポレーションは、東京大学工学部11号館(東京都文京区)の「講堂」と「ラウンジ」をリノベーションし、学術イベント等に使用できるホールとして新たに整備。竣工後に国立大学法人東京大学大学院工学系研究科に寄付する。

2019/2/25

2019/2/8

2019/1/31

不動産ニュース 2019/1/31

本厚木で商業施設隣接のマンション/総合地所

総合地所(株)は31日、東急不動産(株)、西日本鉄道(株)と共同で開発している分譲マンション「ルネ本厚木」(神奈川県厚木市、総戸数222戸)のモデルルームを報道陣に公開した。同物件は、小田急線「本厚木」駅徒歩6分に立地する、地上15階地下1階建...

2019/1/29

不動産ニュース 2019/1/29

新事業創出へ新しい働き方のオフィス/長谷工

(株)長谷工コーポレーションは29日、フリーアドレス・ペーパーレス化を実現した「価値創生部門」のオフィスをマスコミに公開した。2018年10月1日に新設された同部門は、グループのIT投資戦略などを担当することを目的に新設した「FIT開発部」のほ...

2019/1/7

不動産ニュース 2019/1/7

「2019年 年頭挨拶」(各社)

不動産および住宅会社や関連会社各社のトップは、下記のような年頭所感を述べた。(順不同)三井不動産(株)代表取締役社長 菰田正信氏三菱地所(株)執行役社長 吉田淳一氏住友不動産(株)代表取締役社長 仁島浩順氏東急不動産ホールディングス(株)代表取...

2018/12/12

不動産ニュース 2018/12/12

IoTマンション実現に向け、NTT西と共同実験

(株)長谷工コーポレーションは12日、西日本電信電話(株)と共同で、ICTを活用した次世代型集合住宅「IoTマンション」の実現に向けた実証実験を開始すると発表した。長谷工は、BIM普及への取り組みや、建設作業所の測量・管理・検査におけるドローン...

2018/11/9

不動産ニュース 2018/11/9

過去最高益を更新/長谷工19年3月期2Q

(株)長谷工コーポレーションは9日、2019年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。当期(18年4月1日~9月30日)の売上高は4,410億9,000万円(前年同期比13.3%増)、営業利益は461億1,600万円(同7.2%増)、経常利益は...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。