不動産ニュース / 団体・グループ

2020/2/17

都鑑定協、東京土地家屋調査士会と友好協定

右から佐藤会長、野城会長

 (公社)東京都不動産鑑定士協会(会長:佐藤 麗司朗氏)は17日、東京土地家屋調査士会(会長:野城 宏氏)と友好協定を締結。所有者不明土地や空き家対策の共同研究を進めていく。

 佐藤氏は「合同研究チームを発足して取り組みたい。不明確な境界や低い経済価値など、それぞれの専門家ならではの切り口で東京都の空き家問題の課題点をあげ、そういった問題をいかに解消していくのか。両会の専門家ができることを模索していきたい」と述べた。野城氏は「われわれは現場での調査力、不動産鑑定士は書類上での分析力などそれぞれの強みがある。そういった強みを生かし、共に問題解決に向けた制度設計などを考え、国に提言していきたい」と話した。

 そのほか、住家被害認定調査など災害時対応のノウハウ共有、連携強化を目的としたセミナーの相互開催なども行なっていく方針。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!