不動産ニュース / その他

2020/2/20

スーパーシティ実現をサポート/アットホーム

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は20日、「スーパーシティ・オープンラボ」への参画を公表した。

 「スーパーシティ」構想とは、AI・ビッグデータを活用し、未来の暮らしを先行実現する「まるごと未来都市」を目指す取り組み。キャッシュレス決済や自動走行、遠隔医療、遠隔教育など、生活すべてに最先端技術を導入することが想定されている。

 2019年6月に内閣府およびスーパーシティに取り組む企業が中心となり「スーパーシティ・オープンラボ」を設立。参画事業者が持つ知見や先端技術を幅広く発信し、「スーパーシティ」構想の実現に取り組む全国の自治体を、技術的な側面からサポートしていく。アットホームでは時間や場所を選ばない不動産取引の実現が全国の自治体のサポートにつながると考え、参画を決めた。

 なお、20年2月現在で70を超える企業・各種団体が参画している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!