不動産ニュース / 開発・分譲

2020/2/25

大阪に総戸数95戸のマンション/リーガル不他

「(仮称)阿波座駅前プロジェクト」外観イメージ

 (株)リーガル不動産(大阪市北区、代表取締役社長:平野哲司氏)は、大阪ガス都市開発(株)と共同開発する新築マンション「(仮称)阿波座駅前プロジェクト」(大阪市西区、総戸数95戸・店舗1区画)を着工した。

 大阪メトロ中央線「阿波座」駅徒歩1分に立地。鉄筋コンクリート造地上15階建て、敷地面積432.74平方メートル、延床面積4,259.71平方メートル。間取り1LDK。

 同社は大阪を拠点とする総合不動産開発企業で、東京を中心とした富裕層の資産形成需要に対応する低層賃貸マンションシリーズ「LEGALAND」の開発や、オフィスなどを展開。両社の強みを生かしたマンションの開発を計画している。

この記事の用語

マンション

日本におけるマンションは、一般的には、鉄骨コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で、3階建て以上の分譲共同住宅・賃貸共同住宅を指している。ただし、賃貸共同住宅の場合にはPC造・重量鉄骨造であっても、マンションと呼ばれることがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!