不動産ニュース / その他

2020/3/6

各社でコロナ対策進む

 昨日に引き続き、各社の新型コロナウイルスへの主な取り組みについて紹介する(3月6日時点、当社調べ。順不同)。
 関連記事はこちら。

・三菱地所(株)
 勤務時間をフルフレックスに(従前はコアタイム10~15時)
 終日テレワークの月利用回数制限をなしとする(従前は月2日まで)
 リモートワークや時差出勤の積極活用の推奨
 在宅勤務時の育児を認める
 社内外の会議・面談について、対面を伴う会議は規模にかかわらず最小限の人員・時間で実施、ウェブ会議・電話会議等の活用を推奨
 中国国内(台湾を除く)への出張およびプライベートの渡航を原則禁止、その他の国・地域は国内外問わず不要不急の出張は自粛
 主催イベントについて内容・参加者属性等を踏まえ、中止・延期
 運営商業施設での営業時間短縮や臨時休館の実施

・森ビル(株)
 フレックスタイムのコアタイム、10~16時から11~16時に変更、時差通勤の幅を拡大
 テレワークの推進
 会議をテレビ会議化。不要不急の出張は延期
 商業施設の営業時間短縮

・(株)サンケイビル
 時差勤務の推奨
 感染予防の徹底(アルコール消毒薬の設置、手洗い・咳エチケットを励行)
 社員とその家族の体調チェック
 不要不急の多人数による社内外の会議・打ち合わせ、外部主催の大型イベントへの参加、出張外出は可能な限り中止や延期
 学校休校に伴う勤労体制への柔軟な対応

・(株)長谷工コーポレーション
 出勤前検温、マスク着用や手洗いの徹底
 不要不急の出張・社内外会議・会合・イベントの中止
 打ち合わせ・会議時のマスク着用、懇親会・歓送迎会の自粛
 時差出勤・在宅勤務の実施 

・オリックス(株)
 出張の自粛
 会議・会合はオンライン会議・テレビ会議を利用
 時差出勤を活用し、通勤ラッシュ時間の移動は極力避ける
 販売・仲介現場への消毒液設置、従業員マスク着用、手洗いの徹底

・日本土地建物(株)
 時差勤務を推奨
 セミナーや集会への参加は、原則禁止
 会食等は極力控える
 マスク着用を推奨
 10人以上の会議は極力控え、短時間での実施を要請
 不要不急の出張は原則禁止
 一定地域への渡航を禁止
 風邪の症状や37.5度以上の発熱、強いだるさや息苦しさがある場合(家族を含む)は、会社に報告

・NTT都市開発(株)
 在宅勤務が可能な社員はできる限り在宅勤務とし、出社が必要な場合でも時差出勤等を推奨
 社員の勤務状況、健康状態を安否確認システムにより毎日把握

・伊藤忠都市開発(株)
 うがい・手洗い・アルコール消毒・外出時のマスク着用を推奨
 時差通勤の推奨、今週より在宅ワークも推奨
 不要不急の出張見合わせ
 会食・ゴルフ・プライベートな歓送迎会等は中止または延期

・(株)フージャースコーポレーション
 37度以上の発熱がある場合、速やかに休暇取得を推奨(出勤前の検温義務化)
 期間中、在宅勤務・時差出勤を推奨
 不要不急な出張・海外渡航を避ける
 支店間の行き来を原則禁止
 10人以上の会議を中止、10人未満も可能な限り中止
 各営業拠点に消毒用アルコールの設置
 接客時のマスク着用
 政府の休校要請を受け、小学校等が休園・休校になり、就業が難しい場合、「臨時特別休暇」として有給での休暇を付与

・(株)タカラレーベン
 政府が全国の小・中・高等学校に臨時休校を要請すると表明したことから、子供の面倒を見る必要がある従業員が時差出勤や有給などを利用し、適宜柔軟な対応ができるよう、部内協力を推進
 3月中に主催するセミナー、入社説明会等は中止
 外部のイベントやセミナー等も、3月中は出席をしないことを推奨
 会食や飲み会も出来る限り控えることを推奨
 風邪の症状がある場合は出勤をさせないようにする
 出勤後、風邪の症状が出たら、帰宅、休養させる
 可能であれば帰宅時マスクを着用することを推奨
 時差出勤(フレックス制度)の積極的活用を推奨

・日鉄興和不動産(株)
 (従業員への対策)
 検温、手洗い・うがい、アルコール消毒、咳エチケットの徹底
 原則在宅勤務(やむを得ず出社する場合は、上司の許可が必要)
 対面での着席、会議室など密閉空間での執務を極力回避
 社内・社外を問わず、会議・各種打ち合わせでの「ビデオ会議」利用
 不要不急の出張(海外・国内)の自粛
 不要不急の会合・宴席等の自粛
(テナント対策)
 ビル管理スタッフのマスク着用
 ビルでのドアノブ、ELVボタン、エスカレーター手摺の消毒
 ビル側主催のテナント向け各種イベント中止

・(独)都市再生機構(UR都市機構)
 窓口業務等を担当する職員等へのマスク着用励行
 イベント等の中止、延期、規模縮小
 通勤混雑の回避、在宅勤務の推奨
 会議・出張の必要最低限での実施

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。