不動産ニュース / 開発・分譲

2020/3/13

日土地、津田沼で全101戸の分譲マンション

「バウス津田沼」完成予想図

 日本土地建物(株)は、三信住建(株)と共同で開発を進めている分譲マンション「バウス津田沼」(千葉県習志野市、総戸数101戸)の第1期(58戸)の登録販売を、14日より開始する。

 同物件は、JR総武線「津田沼」駅徒歩7分に立地する、3棟構成、地上8階建てのマンション。建設地は標高13m、四方道路面の高台で、敷地南面が低層住宅エリアで開放感がある立地。住戸は、2LDK~4LDK、専有面積約62~86平方メートル。33タイプのプラン全てで収納率10%以上を確保。ディスポーザー、食器洗い乾燥機、TES床暖房などを標準とした。

 1期の販売価格は、4,448万~7,678万円、最多価格帯は5,400万円台。2月末時点の物件会員登録数は1,100件。竣工は2021年3月下旬、同年6月上旬引き渡し予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。