不動産ニュース / 開発・分譲

2020/3/24

小学校校舎を活用したホテルが開業

「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」外観

 NTT都市開発(株)と子会社のUDホスピタリティマネジメント(株)、(株)プリンスホテル、(株)スティルフーズは、元京都市立清水小学校跡地を活用したホテル「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu(ザ・ホテル青龍 京都清水)」(京都市東山区、客室数48室)を22日に開業した。

 同ホテルは、JR「京都」駅よりバス20分、「清水道」バス停下車徒歩5分。京阪電車「清水五条」駅徒歩20分。敷地面積約7,120平方メートル、延床面積約6,823平方メートル、地上4階建て。「記録を刻み、未来へつなぐ」をコンセプトに、小学校や地域が築いてきた歴史・文化を承継するため、館内の各所に小学校時代の建物の面影を残した。UDホスピタリティマネジメントが経営を、プリンスホテルが運営を担う。

 客室は既存棟(改修)の34室と、増築棟の14室で構成。客室タイプは、スーペリアキング(客室面積45.2平方メートル)、テラスツイン(60.8平方メートル)、ジュニアスイート(66.3平方メートル)、スイートルーム(134.3平方メートル)など。当時講堂のあった場所はレストラン・ライブラリーとし、多くの書籍に囲まれた空間を創出した。

 4階には宿泊者以外も利用できるバー「K36 The Bar」、4階屋上には京都の景色を一望できるルーフトップバー&レストラン「K36 Rooftop」を用意。別棟には、パリの老舗ビストロ「ブノワ」が「BENOIT KYOTO」を出店する。運営はスティルフーズ。

2階のライブラリー・レストラン

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。