不動産ニュース / 開発・分譲

2020/3/26

東京・小金井で高架下活用した学生マンション

「中央ラインハウス小金井」外観

 JR東日本グループで商業施設等の企画を手掛ける(株)JR中央ラインモールは、JR中央線の線路高架下を活用した学生向けデザイナーズ賃貸住宅「Chuo Line House KOGANEI(中央ラインハウス小金井)」(東京都小金井市、総戸数109室)を竣工した。

 JR「東小金井」駅から徒歩7分・「武蔵小金井」駅徒歩11分で、両駅間の高架下に立地。敷地は東西350mという細長い形状で、敷地面積は3,870平方メートル。住戸専有面積は10.45~15.94平方メートル。建物は、鉄骨造のユニットを18棟並べるかたちで構成しており、鉄道の車両をイメージした。その中に住戸、食堂・カフェテリア・多目的スタジオといった共用施設を設置する。

 「プライベートに配慮しつつも交流を育み新しいライフスタイルを提案する」がコンセプト。物件全体を3つのエリア(C棟、L棟、H棟)に分け、それぞれを建築家の谷内田 章夫氏、北山 恒氏、木下道郎氏に設計を依頼した。

 C棟(46室)はスタジオタイプの住戸を配置した。棟間には「コモン・テラス」と名付けた共用スペースを設置、室内外の中間領域としてのテラスとして、コミュニケーションを促す。L棟(20室)は、入居する学生と地域の交流スペースである「ナレッジルーム」や栄養バランスの整った食事を提供する「ダイナー」といった共用施設を配置するほか、シェアタイプの住戸を設えた。H棟(43室)は、ロフト付きのシェアタイプ住戸を配置。棟間に簡単な調理ができる共用キッチンや、入居者がくつろげるラウンジを用意している。

 賃料は5万2,000~7万円、共益費1万5,000円。別途入館料として12万円が必要。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。