不動産ニュース / その他

2020/4/2

介護施設運営会社と業務提携/旭化成H

 旭化成ホームズ(株)は、介護施設運営を行なうシマダリビングパートナーズ(株)と資本業務提携を結んだ。

 旭化成ホームズはシニア事業の拡充に向け、健常期からフレイル(虚弱)期に当たるシニア層向けの賃貸住宅「へーベルVillage(ヴィレッジ)」を展開。2019年10月からは、要介護期向けのサービス付き高齢者向け住宅「Village(ヴィラージュ)リーシュ」シリーズも立ち上げ、シニアの健康度と家族状況に応じて最適な住まいとサービスを提供する体制の構築を強化している。

 シマダリビングパートナーズは、都市部を中心に介護施設の運営を展開。今回の業務提携により旭化成ホームズは「ヘーベルVillage」が集中している東京都において、シマダリビングパードナーズが運営する介護施設を関連施設として案内できるようにした。対象施設は、「ガーデンテラス尾山台」(東京都世田谷区)、「ガーデンテラス赤羽」(東京都北区)など5施設。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。