不動産ニュース / 仲介・管理

2020/4/16

日通の物流施設を取得し私募ファンド組成

 プロロジスは16日、物流施設を投資対象資産とするクローズド・エンド型私募ファンド「Prologis Japan Core Logistics Venture」を組成し、日本通運(株)が開発した物流施設4棟およびその土地を取得すると発表した。

 取得対象資産は、「溝の口物流センター」(川崎市高津区)、「九州医薬品センター」(北九州市小倉南区)、「西日本医薬品センター」(大阪府寝屋川市)、「東日本医薬品センター」(埼玉県久喜市)の4物件。取得価格は500億円超で、合計延床面積は約19万6,000平方メートル。取得後は、「プロロジス」を冠した施設名称に変更する。

 「プロロジスパーク川崎」については、4月9日に取得済み。その他3棟は、2021年3月に取得予定。取得後は、日本通運が4施設を賃借し、プロロジスがプロパティマネジメント業務およびアセットマネジメント業務を受託する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。