不動産ニュース / ハウジング

2020/6/2

大和ハ、戸建て向けにテレワーク空間提案

「快適ワークプレイス」
「つながりワークピット」

 大和ハウス工業(株)は1日、注文住宅向けの新たな住まい提案として、同社オリジナルのテレワークスタイル「快適ワークプレイス」と「つながりワークピット」の提案を、沖縄県を除く全国で開始した。

 同社は、テレワークを実施した社員を対象に、困りごとや希望に関するアンケートを実施(回答者数約3,600人)。「仕事専用の空間がほしい」「子供の様子を見ながら仕事ができる環境がほしい」などの要望が挙がったことから、「仕事に集中できるクローズド空間」と「家族と緩やかにつながるセミクローズ空間」の2つの空間が住まいに必要だと考え、商品開発に至った。

 クローズド空間「快適ワークプレイス」は、同社が開発した防音室「奏でる家」の技術を採用し、図書館同様の静けさを確保。室内の響きのバランスを整えウェブ会議等の音色をクリアにする独自の音響アイテム「コーナーチューン」も設置した。また、専用Wi-Fiアクセスポイント(コンセント埋め込み型)によって安定した通信環境も確保した。そのほか、気分により光色を調整できる3光色切り替えLED照明や、オフィスデスクと同等の奥行き60cmのデスクも取り揃えた。価格は、新築戸建住宅の場合、71万5,000円から(税込み)。

 セミクローズド空間「つながりワークピット」は、仕事と家事・子育てを両立できるように、リビングとつなげたマルチスペース。室内窓で家族の気配を感じつつ、ドアの開閉でオンとオフの切り替えを可能とした。「快適ワークプレイス」と同様に、3光色切り替えLED照明やデスクも設置する。価格は、新築戸建住宅の場合、44万円から(税込み)。
 なお、同プランは共働き世帯のために家事の時間的・心理的負担を軽減する戸建住宅商品「家事シェアハウス」のアイテムとしても提案する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。