不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/6/24

日管協短観、新型コロナで来店数減に

 (公財)日本賃貸住宅管理協会は24日、2019年度下期(19年10~20年3月)の賃貸住宅市場景況感調査「日管協短観」を発表した。反響数や成約件数などについて、同協会会員へのアンケートをもとに業況判断指数(DI値)を算出。前年同期調査と比較した。回答社数は155社。

 19年度下期のDI値は、「反響効果」において、ポータルサイトや情報誌など全ての媒体でマイナス。「反響数」は、直接来店がマイナスに振れたことが影響し下落した。「来客数」も学生、一般ファミリー、法人でのマイナスが影響し下落。新型コロナウイルスの影響があるとした。

 「成約件数」は、賃貸・売買のいずれも大幅に下落。「売上」は賃貸仲介、リフォーム関連等、売買手数料で大きく落ち込んだ。「入居条件」は、フリーレントが上昇したほかは、全て横ばい。「入居時条件交渉」は全てで上昇した。

 なお、今回より「個人連帯保証人における極度額の設定基準」「心理的瑕疵物件(事故物件等)による成約賃料の減額割合」の設問を新設(前回調査がないため、DI値の比較調査はなし)。
 極度額については、全国で「賃料〇ヵ月分」という設定が4割弱だった。エリア別にみると、首都圏では設定基準にばらつきがみられ、関西圏では「賃料等(共益費含む)〇ヵ月分」が最も高く、3割強だった。また、その他エリアでは「賃料〇ヵ月分」が5割弱となっている。設定基準となる賃料の月数では、いずれの場合でも「~24ヵ月以下」が最も多かった。
 心理的瑕疵物件の賃料減額については、全国で「約20~39 %減額」が4割以上だった。いずれのエリアにおいても、「約20~39%減額」が最も高い。また、その他エリアでは「約40~59%減額」が約3割であり、首都圏や関西よりも減額割合が大きかった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。