不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/6/29

上場建設会社、受注高、売上高とも減少/TDB

 (株)帝国データバンク(TDB)は26日、2019年度の主要上場建設会社の受注・業績動向調査結果を発表した。決算短信から単体ベースの受注高とその官民比率、連結ベースの売上高、売上総利益率を調査・分析している。調査対象は56社で、受注高については前年度との比較が可能な49社。

 19年度の受注高(調査対象49社)は、12兆9,952億8,500万円(前年度比10.0%減)の大幅減。プチバブルや五輪特需に沸いた近年の建設市況が一巡したことに加え、新型コロナウイルスの影響などにより、減少に転じる結果となった。受注高の内訳が判明した30社では、「官公庁工事」受注高は2兆2,280億6,100万円(9.0%減)で3年連続の減少となった。「民間工事」受注高は7兆718億7,300万円(同14.3%減)で、8年ぶりに減少した。

 56社の連結売上高合計は、17兆6,136億9,400万円(同2.6%増)と増加。56社の売上総利益率は12.7%(同0.1ポイントダウン)で、2年連続の低下となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。