不動産ニュース / 団体・グループ

2020/7/2

さらなる普及へ技術開発を推進/2×4協

 (一社)日本ツーバイフォー建築協会はこのほど、2020年度定時社員総会を開き、19年度事業報告・収支決算や20年度の事業計画・収支予算などを承認した。

 20年度事業計画では、ツーバイフォー工法のさらなる普及展開に資する技術開発の推進として、ツーバイフォー工法の構造用製材を使って「あらわし」を可能にし、設計自由度の向上やコスト面での有利性が期待できる「NLT」について、各種検証による成果等を取りまとめ、設計・生産・施工マニュアルの制作に取り組む。

 また、近年仕様が告示された1時間耐火構造、75分間準耐火構造に関する技術指針等を盛り込み、新たに「(仮)枠組壁工法 耐火・準耐火建築物 設計・施工の手引」の制作に取り組む。

 このほか、施工品質向上につながる「枠組壁建築技能士」の育成を引き続き推進。技術者・技能者の育成、スキルアップに向け、工法普及講習会、ステップアップ講習会、資格登録講習会、ウェブセミナーを引き続き実施していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

2×4(ツーバイフォー)工法

北米で生まれた木造建築の工法。わが国における正式名称は「枠組壁工法」である。断面が2インチ×4インチの木材を使用することから、このような名称が付けられた。このツーバイフォー工法の最大の特徴は、木材で組んだ「枠組」に構造用合板を打ち付けることで、構造全体の強度を得ることである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。