不動産ニュース / 開発・分譲

2020/7/2

自然と工芸品で感性を刺激するオフィス/日土地

「REVZO虎ノ門」外観
エントランス

 日本土地建物(株)は1日、6月に竣工した中規模オフィスビルの新ブランド「REVZO」の初弾「REVZO虎ノ門」(東京都港区)を報道陣に公開した。

 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅、都営三田線「内幸町」駅徒歩3分に立地。鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造地上11階地下1階建て、敷地面積約501平方メートル、延床面積約4,570平方メートル。開発に当たり、デザインコンペを実施。自然とつながるデザインを得意とする建築化・川島範久氏を採用し、日差しや緑を採り入れ、ワーカーの感性を刺激するオフィスとした。

 「『はたらく』を解き放つ」をコンセプトに自由な空間で企業・ワーカーのパフォーマンスを最大化する「Flexibility」、そのオフィスで働くだけで心身が健康的になる「Health」など6つの価値をキーワードに、働く人の創造性や主体性を成長させる空間を目指した。利用者の感性を刺激するため、ラウンジやエントランスには「高岡銅器」(富山県)、「会津塗」(福島県)など、工芸品を取り入れた内装・什器を採用。エントランスには季節や時間に合わせてシーンが変わる自然の映像や、採用した工芸品の製作風景が流れるデジタルサイネージを設置した。また、ワーカーが自然と階段を利用したくなるよう、階段の踊り場には各階色合い、模様が異なる「有田焼」(佐賀県)のアートワークを設けた。

 2~8階は、各フロア1企業に貸し出すオフィススペース。入居企業の想定人数は40~50人程度。基準階面積は約355平方メートル、天井高は3,690mm。採光を取り込めるよう、機械室やエレベーターホールの位置を工夫し、執務スペースはビル正面から背面まで視界が抜ける造りに。内装は、あえてスケルトン状態で貸し出し、各企業が好みに合わせてレイアウトできるようにしている。
 気軽に外に出てリフレッシュできるようにするため、全フロアにテラスを設置。植栽も、ブルーベリーやレモンなど親しみやすくリフレッシュ効果があるものを選定し、あらかじめ整備した。

 入居テナントの交流の場として、10・11階は吹き抜けの共用ラウンジを整備。ソファ席、ボックス席などの多様なフリースペースと、会議室で構成する。キッチンも設けており、イベントスペースとしても活用できるようにした。

 竣工後から内覧を本格化。IT系、広告系の企業からの引き合いが高く、契約済みフロアも複数出ている。入居開始は7月から。

オフィスフロア。採光を生かすため、ブラインドではなく透け感のあるカーテンを採用した
共用ラウンジ。混雑状況等は専用のアプリで知ることができる

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。