不動産ニュース / その他

2020/7/3

三重・桑名市と災害協定/大和ハ、東急不他

 大和ハウス工業(株)は3日、桑名市、東急不動産(株)、桑名開発特定目的会社(大和ハウス工業、東急不動産、日立キャピタル(株)、(株)ecoプロパティーズによる共同出資会社)と、「地震等の災害発生時における市民生活の支援に関する協定」を締結した。

 同目的会社が開発・運営する物流施設「桑名ロジスティクスセンター」(三重県桑名市)を、地震等の災害発生時に支援物資の一時保管や集積場所として活用することが目的。

 同施設は、東名阪自動車道「桑名東IC」および「桑名IC」より車で約10分に立地。鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄骨造地上6階建て、敷地面積7万253.35平方メートル、延床面積15万8,033.52平方メートル。

 協定内容は、共用部分(カフェテリア・トイレ等)の避難場所としての提供や、敷地における集積場所の運営支援(物資の受入、仕分、保管在庫管理、出庫等)、駐車場施設としての提供など。

 大和ハウス工業は同協定を通じて、災害発生時における市民の安全、安定した生活の維持を支援することで地域に貢献していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。