不動産ニュース / その他

2020/7/16

スタジアムの授乳室をキッズデザイン仕様に

 (株)LIXIL住宅研究所アイフルホームカンパニーは、同社がオフィシャルサポーターを務める鹿島アントラーズの本拠地「茨城県立カシマサッカースタジアム」(茨城県鹿嶋市)の授乳室をリニューアル。18日より使用を開始する。

 アイフルホームは、子供目線・子供基準に配慮したキッズデザインの住宅を開発してきた。一方、鹿島アントラーズはスポーツ観戦層拡大のため、指定管理者を務める同スタジアムのホスピタリティ向上を目指していることから、アイフルホームのキッズデザインの知見を生かし、授乳室をリニューアルすることになった。

 同授乳室のコンセプトは“Relax and Fun”。乳幼児とその親が使えるバリアフリースペースとした。

 授乳や食事、おむつ替え等ができる「お世話ゾーン」と、子供を自由に遊ばせながら大人はモニターで試合観戦ができる「遊ぶゾーン」の2つスペースで構成。「お世話ゾーン」は、プライバシーを確保した鍵付きの個室授乳室2室のほか、小上がりになった畳のオープンスペースも用意。おむつ替えのスペースも2ヵ所設置した。「遊ぶゾーン」は、試合観戦用のスクリーンの他に、黒板クロスやベンチ等を設置。子供が転んでもケガをしにくいR出隅やカメレオンクッション等を採用し、安心して遊べる空間にした。

 また、ハイブリッド光触媒を用いた床材を室内に施工・設置。授乳室空間内に存在する健康妨害物質を持続的に軽減させる製品を採用する等、健康にも配慮している。

タタミのオープンスペース(左)と黒板クロス(右)

この記事の用語

キッズルーム

年少の子供のための部屋。遊びの場と寝室とを兼ねる場合が多い。英語のkidsroom。住宅部屋のほか、マンションなどに設置される共同の遊び場をさすこともある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。