不動産ニュース / 開発・分譲

2020/7/17

リバブル、熊本のホテル開発をマネジメント

「(仮称)熊本新市街ホテル・店舗複合開発 新築計画」の完成予想図

 東急リバブル(株)は17日、プロジェクトマネジメント業務を手掛ける「(仮称)熊本新市街ホテル・店舗複合開発 新築計画」(熊本市中央区、総客室数380室)の本体工事を7月末に着工すると発表した。

 同計画は、合同会社TLS4(SPC)が進める複合開発プロジェクトで、同社は開発計画から建築までの一連の工程をマネジメントしている。熊本市を代表する経済・商業の拠点である「アーケード商店街」と、2019年9月に開業した「桜町地区再開発施設」といった新旧の商業拠点の中間に位置。敷地面積は2,527.02平方メートル。建物は、熊本市による「まちなか再生プロジェクト」の第1号案件となる高さ基準の特例承認を受けており、鉄骨造地上12階建て、延床面積1万6,441.30平方メートル。

 ホテルの最上階には展望露天風呂やスカイスパ、熊本城が一望できる客室を設けるほか、低層部には開放的な商業スペースを整備する。

 施工は地元の光進建設(株)(熊本市東区)へ委託、ホテル運営は(株)カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント(東京都港区)が担う。

 竣工は22年4月末を予定する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。