不動産ニュース / ハウジング

2020/8/6

アフターコロナ対応の新モデル発売/積水ハウス

「在宅ワーク」空間のある2階の「ファミリー スイート」

 積水ハウス(株)は4日、大空間リビング「ファミリー スイート」を備えた軽量鉄骨造の注文戸建住宅「IS ROY+E Family Suite (イズ・ロイエ ファミリー スイート)」に、アフターコロナに対応したライフスタイル提案を盛り込んだ新コンセプトモデル「ファミリー スイート おうちプレミアム」を発売した。

 「ファミリー スイート」では、家族が心地よい距離でつながり、思い思いに過ごす「新しいリビングのあり方」を提案している。「ファミリー スイート おうちプレミアム」は、高い耐震性と設計自由度、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)にも対応可能な断熱性など、同社の先進技術を導入。最大スパンが1階7m、2階10mの柱や壁のない大空間を実現。ミレニアル世代に向けて、鉄骨戸建住宅、木造戸建住宅「シャーウッド」の全商品で展開する。

 また、アフターコロナに対応するため、新たなライフスタイルとして、集中コーナーやオンライン会議用の部屋(防音性能を高める仕様も可能)を設ける「在宅ワーク」、大空間を生かした専用や兼用のフィットネススペースを設ける「おうちでフィットネス」、隠れ家的なバーのような非日常感を演出する「うちdeバル」などを提案する。

 さらに、顧客の間取りづくりをサポートするため、顧客自身で「ファミリー スイート」のプランを作成し、SNSで発信をしたり、360度ビューのVRの作成依頼も可能なウェブツール「おうちで幸せプランニング」も提供する。

 販売地域は全国(沖縄県を除く)。価格は3.3平方メートル当たり69万5,000円~(本体のみ・税抜き)。販売目標はイズ・シリーズとして年間3,000棟を目指す。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

一戸建て

独立した一軒の家屋がひとつの住戸となっている住宅。「戸建て」も同じ意味である。これに対して、複数の住戸で構成される建物を「集合住宅」「共同住宅」という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。