不動産ニュース / 仲介・管理

2020/8/14

マンション大規模改修工事でコロナ対策

ヘルメット着用型のフェイスシールド

 (株)東急コミュニティーは13日、夏場の大規模改修工事に向けた新型コロナウイルス対策と熱中症対策の内容を公表した。同社は、年間約200件のマンション大規模改修工事を受注・実施しており、ユーザーが住む中での工事という特性があるため、コロナ対策を徹底する。

 作業員はヘルメット着用型のフェイスシールドを装着するほか、共用部の手すりやドアノブなど作業員が手に触れる部分へのウイルス低減・活動抑制フィルムの添付なども実施。協力会社を含む工事関係者への安全教育ではITを活用して非集合・非接触型の教育研修を行なっていく。

 共用部のドアノブに触れずに開閉できるハンズフリーオープナーや、カードキーによる非接触型のエントランス機器など、感染防止対策につながる設備の設置も提案していく。

 主に作業員を対象とする熱中症対策では、通気性のよいヘルメットや涼感素材を使ったマウスカバーを導入する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。