不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/18

中央日土地、CRE戦略支援で戸建賃貸を提案

戸建賃貸住宅「パレットパークタウン」

 中央日本土地建物グループ(株)の子会社である日本土地建物(株)は、プロジェクトマネジメントを手掛けた戸建賃貸住宅「パレットパークタウン」(埼玉県さいたま市、総戸数14戸)を19日に竣工する。

 東京インキ(株)のCRE(企業不動産)戦略支援事業の一環として開発したもの。開発地は、埼玉新都市交通「東宮原」駅から徒歩6分、面積約1,989平方メートル。同社の社宅跡地で、稼働率が低かったことから2013年から更地としていた。
 中央日本土地建物グループは、開発地を含む大宮エリアは子育て世代からの人気が高まっていること、周囲には戸建て住宅地が広がっていることを受け、DINKSからファミリーまでを対象とした戸建賃貸住宅の開発を同社に提案。また、東京インキが主要事業を通じてSDGs、ESG経営に取り組んでいることから、そうした取り組みの一助となるよう、同物件は再生可能な資源である木材を活用し、開発することにした。

 住戸は木造2階建て。2SLDK・専有面積約69平方メートル(賃料13万6,000円~)、2SLDK・専有面積約66平方メートル(賃料13万2,000円~)の2タイプ。いずれも、1階はリビングダイニング、2階には2つのベッドルームと、テレワークに利用できるサービスルームを設える。
 今後売却する可能性も踏まえ、分譲住宅と同等の設備仕様とした。耐震等級、省エネ等級、劣化対策等級、維持管理等級で最高等級を獲得。最大2台の駐車が可能な駐車場、宅配ボックス、専用庭も全戸に設置。ペットの飼育や楽器の演奏も可能とした。

 運用に当たっては、管理の手間がかからないよう、(株)ハウスメイトパートナーズとの10年間のサブリース契約をアレンジした。リーシングはすでに開始しており、5組が契約、3組が申込見込みとなっている。

Bタイプ・1階リビングダイニングキッチン
全戸ペット可に。階段の下に、動物が隠れられるスペースを用意した

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。