不動産ニュース / 開発・分譲

2020/9/4

愛知・春日井に大型複合商業施設/大和ハウス

「(仮称)春日井商業プロジェクト」外観イメージ

 大和ハウス工業(株)は4日、大型複合商業施設「(仮称)春日井商業プロジェクト」(愛知県春日井市)の着工を発表した。

 同プロジェクトは、2019年に閉店した商業施設「ザ・モール春日井店Part 1」跡地に開発する、春日井市最大の複合商業施設。「名古屋」駅から車で約40分、国道19号線に面した立地。周辺はベッドタウンで、5km圏内には30万人が居住しており豊富な需要が見込める。

 鉄骨造地上3階建て、敷地面積約6万4,322平方メートル、延床面積約8万1,846平方メートル。店舗面積約4万平方メートル。食品スーパーを核テナントとし、複合レジャー施設や生活雑貨店、家電量販店、フードホールなど約70店舗のテナントで構成する。

 施設は、自然素材とシンプルなデザインで、先進的ながらも居心地の良い空間を演出。1階フードエリアの広場やメインエントランスホールを活用し、マルシェなどのイベントを定期的に開催し、地域住民の交流の場も創出する。

 オープンは21年秋の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

商業地域

都市計画法(9条)で「主として商業その他の業務の利便を増進するため定める地域」と定義されている。この用途地域では、建ぺい率の限度は原則として80%である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。