不動産ニュース / 開発・分譲

2020/9/7

混ざり合い、絡み合うまちを表現した外装に

外観イメージ

 神六再開発(株)(東京都渋谷区、社長:小澤広倫氏)と、権利者および特定事業参加者の東急不動産(株)は7日、「神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業」(東京都渋谷区)の外装・屋上デザインを決定した。

 同事業は、表参道と明治通りが交差する神宮前交差点の南西角に位置する。地上10階地下2階建ての店舗、公共施設等の複合施設を開発する。敷地面積約3,085平方メートル、延床面積約1万9,930平方メートル。立地特性に相応しい商業拠点等を整備してにぎわいを形成するとともに、安全な歩行者空間の形成、周辺住環境に配慮した再開発を行ない、原宿・表参道エリアのさらなる魅力向上を目指す。

 2つのエリアを設け、ガラスの外装は、凹凸面の「umi」エリアでは、季節ごとに移りゆくまち並みや空、人、緑など、「まち」の姿をガラス面に映し込む。フラット面の「shima」エリアは、建物内部の「みせ」が発信するにぎわい、新しいものづくりや体験の場を発信する。ガラスファサードは、熱負荷低減に効果のあるガラスを採用。現代的でシャープなデザイン性だけではなく、環境にも配慮したデザインを目指す。

 着工は2020年11月、竣工は22年度の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

市街地再開発事業

都市計画で定められた市街地開発事業の一つで、市街地の合理的で高度な利用と都市機能の更新を目的として実施される事業をいう。既成市街地において、細分化されていた敷地の統合・共同化、共同建築物の建設、公共施設の整備などを行なうことにより、都市空間の高度な利用を実現する役割を担う。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。