不動産ニュース / ハウジング

2020/9/8

水害対策仕様の住宅提案/ヤマダホームズ

「水害対策仕様」の住宅イメージ

 (株)ヤマダホームズはこのほど、頻発する浸水被害への対策を施した「水害対策仕様」の住宅の販売を開始した。

 1階床上浸水レベル(地盤より1m浸水)未満を想定し、「浸水を最小限に留め、復旧しやすくする工夫」と「被害を受けても最低限の生活を維持できる設計上の配慮」の2つをポイントに開発した。

 建物周囲には浸水ハザードマップで確認した浸水水位以上の高さの塀を設置し、玄関、車庫などの開口部前は止水板を設けて浸水を防ぐ。また、建物本体では、ベタ基礎と立ち上がりの継ぎ目、および貫通サヤ管を止水し、建物への浸水を最小限に留める。汚水ますには逆流防止弁を設置。床下に浸水した場合でも排水できるよう、基礎内部に水抜きを設置するなど、復旧のしやすさに配慮する。
 間取りは、2階にキッチン、浴室などの水回り設備や寝室等を計画。1、2階の分電盤回路を分割するなどの提案も行なう。脱出・救出用としてバルコニーも設置。また、基礎高さは浸水ハザードマップ予想水位以上の設計を行ない、室外設備機器(給湯器等)も予想水位以上の高さに設置するよう配慮する。

 同社の全商品のオプション仕様として利用できる。販売エリアは沖縄県を除く全国。販売価格(税抜き)は施工面積当たり38万5,000円~(電力を自給自足する住宅「NEXIS(ネクシス)」38坪に設置の場合の坪単価)。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

一戸建て

独立した一軒の家屋がひとつの住戸となっている住宅。「戸建て」も同じ意味である。これに対して、複数の住戸で構成される建物を「集合住宅」「共同住宅」という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。