不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/9/16

住宅ローン利用予定者、「全期間固定型」が最多

 (独)住宅金融支援機構は、2020年5月「住宅ローン利用予定者の実態調査」結果を発表した。調査時期は5月26日~6月4日。今後5年以内に住宅を取得する計画があり、かつ住宅ローンを利用する予定がある全国の20~60歳未満の人にインターネット調査を実施。有効回答件数は1,500件。

 希望する住宅ローンの金利タイプは、「全期間固定型」が33.9%(前回<20年3月>調査比2.4ポイント増)が最多となった。「固定期間選択型」は33.8%(同2.2ポイント減)と減少し、「変動型」32.3%(同0.2ポイント減)はおおむね横ばいとなった。

 今後1年間の住宅ローン金利見通しは、全体では「現状よりも上昇する」が22.5%(同2.8ポイント減)と減少し、「現状よりも低下する」(19.0%、同1.8ポイント増)と、「見当がつかない」(22.1%、同1.2ポイント増)は増加した。「ほとんど変わらない」は36.3%(同0.4ポイント減)と、おおむね横ばいだった。

 また、今後1年程度が住宅の買い時だとだと思うかについては、前回・前々回に引き続き「買い時だと思う」が34.9%(同0.5ポイント増)、「分からない」は41.7%(同0.5ポイント増)に。「買い時だと思わない」は23.3%(同1.2ポイント減)であった。

 買い時だと思う理由は、「住宅ローン金利が低水準だから」が69.8%(同9.2ポイント減)でトップとなった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。