不動産ニュース / 開発・分譲

2020/9/16

渋谷区の築50年超のマンション、建て替え

建て替え後のマンション完成予想図

 野村不動産(株)と旭化成不動産レジデンス(株)は16日、東京都渋谷区で推進している「秀和青山レジデンス」のマンション建替組合が設立されたと発表した。

 東京メトロ「渋谷」駅徒歩6分、JR山手線「渋谷」駅徒歩9分。秀和レジデンスシリーズ第1号となる分譲マンションの建て替えプロジェクト。鉄筋コンクリート造地上8階地下1階建ての建物は、築後50年以上が経過。建物の老朽化や耐震性の不足などから、2014年頃より建て替えの検討を開始。野村不動産と旭化成不動産レジデンスは、17年に事業協力者として参画し、建替計画の検討、設計に係る行政協議、全権利者との合意形成活動などを推進してきた。1月25日に建替決議が可決承認され、このほど権利者全員参加による建替組合が設立された。

 渋谷区初となるマンション建替え円滑化法に基づく容積率の特例緩和制度を活用して進める。十分な緑化を施した2つの広場状空地や歩道状空地を設置し、地域の安全性・快適性向上と街並み整備に寄与する計画により、容積率緩和の許可を取得。これにより、都市計画上の容積率が500%から655.40%へと、155%割り増しが可能となった。

 1,926.47平方メートルの敷地に、鉄筋コンクリート造地上26階地下2階建て、免震構造のマンションを建設する。延床面積は、従前の約9,457平方メートルから約1万9,037平方メートルへと拡大する。

 解体工事は21年8月、竣工は25年春の予定。

「秀和青山レジデンス」東側外観
「秀和青山レジデンス」西側外観

この記事の用語

マンション建替組合

マンション建替え決議(区分所有法第62条第1項)が決議された場合に、決議に合意した者のうちのの4分の3以上の同意により設立される、マンションの建替えを目的とする組合のこと(マンション建替え円滑化法第9...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。