不動産ニュース / イベント・セミナー

2020/9/18

レンダーの見方厳しく、ホテル投資は難しい局面に

 JLLは、15~17日、「不動産&ホテル投資 フォーラム2020」をライブ配信形式で実施。17日は「ホテル市場」をテーマに、マーケットの解説や、関連事業者による情報提供を行なった。

 冒頭、同社執行役員のホテルズ&ホスピタリティ事業部副部長の寺田 八十一氏が、日本のホテルマーケットを展望した。同市は、新型コロナウイルス感染症の影響で市場が低迷する中、今後は、ターゲットとなる顧客層によって、市場の回復速度に差が生まれると解説。「GoToキャンペーンが追い風となり、国内レジャーをターゲットとするリゾートホテル市場が初めに回復し、追って、国内企業の動きが従前に戻りビジネスホテルの需要が回復。MICEや団体客、インバウンドをターゲットとするホテルの市場回復は、その先になる」とした。
 ホテル関連の投資状況については、「売り主はコロナ禍以前もしくはアフターコロナの価値を考慮し希望売却価格を算出するが、買い主は現状を踏まえて価格査定を行なうため、双方間の認識に相違が生まれ、取引が成立しないケースが散見されるなど、難しい局面にある」とした。

 続いて国内で120棟のホテル投資を行なうフォートレス・インベストメント・グループ・ジャパン合同会社のマネージング・ディレクター・山本俊祐氏、国内外で多様なアセットに投資を行なうグリーンオーク・インベストメント・マネジメント(株)常務取締役マネージング・ディレクター・田邊学明氏、ヒルトン副社長開発担当日本・ミクロネシア地区・藤本博久氏、(株)JHAT代表取締役社長・平林 朗氏が、JLLのプレゼンターおよび視聴者からの質問に応えた。

 「足元が厳しい中、今後投資対象とするホテルをどう見極めるか」との問いには、「レンダーのホテルに対する見方は厳しいため、オペレーターが撤退した、もしくはまだついていない物件に対し、土地の価格等も考慮しながら検討を進める」(田邊氏)「地方都市であれば上位3番手のホテルまでに投資を限るなど、これまで以上に厳しい視点で見定める必要がある」(山本氏)と回答。「今後ホテルの新規出店は考えているか」という質問には、「近隣国は経済成長が著しい一方、パスポート所持率が低い。いずれはそうした国からのインバウンドが期待できるため、出店は進めていく」(平林氏)、「他のホテルからのリブランドを得意としているため、今は新規出店のチャンスであるとも捉えている」(藤本氏)などと話した。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。