不動産ニュース / その他

2020/9/24

地域共助を支援、井戸・電力シェアを呼びかけ

 (株)アキュラホームはこのほど、地域での電力や井戸水を分け合う地域扶助の賛同者の募集を開始した。地域が被災した際に、企業・住民が一体となりシェアして助け合う活動として推進する。

 アキュラホームグループ、ジャーブネット(全国ホームビルダー)では、これまでに各拠点をはじめ全国1万5,000世帯に太陽光発電を設置。さらに生活用水として利用できる井戸や井戸付き住宅の開発についても約10年前から継続して取り組んできた。このほど開催した、アキュラホームグループ防災セミナーを視聴した人を対象に、地域災害時支援の推進に協力してくれる賛同者の募集を呼びかけた。

 まず災害時支援井戸を掘り、自宅で使うと共に災害時に地域の生活用水として近隣に提供いただくことに賛同してくれる人300組を募集する。さらに、太陽光発電搭載住宅のオーナーに対して、災害時の非常用電力の地域住民へのシェアなどについても賛同を呼びかける計画。

 この取り組みを通じ、周辺地域住民の協力・相互扶助が拡大するよう推進していく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。