不動産ニュース / リフォーム

2020/9/24

大和ハ、埼玉で1棟リノベ分譲マンション

リノベーション後の外観

 大和ハウス工業(株)は24日、1棟リノベーション分譲マンション「リブネスモア戸田公園」(埼玉県戸田市、総戸数46戸)を報道関係者に公開した。同ブランドとしては3棟目で、東日本エリアでは初の物件。

 JR埼京線「戸田公園」駅徒歩8分。敷地面積約923平方メートル、延床面積約3,632平方メートル。鉄骨鉄筋コンクリート造地上9階建て。賃貸マンションとして利用されていた1989年12月竣工の建物。2017年7月に旧・大和ホームズオンライン(株)(19年に大和ハウスが吸収合併)が取得。20年1月に専有部分のリノベーションと大規模修繕を開始し、このほど完成した(一部専有部を除く)。

 専有部については、多様なライフスタイルに対応するため、「フルリノベーションプラン」(22戸)と、「セレクトプラン」(11戸)、「自由設計プラン」(7戸)の3つを用意。
 「フルリノベーションプラン」では、同社が戸建住宅で提供している共働き世帯のための「家事シェアハウス」で好評な「自分専用片付けロッカー」などのアイテムを採用した住戸のほか、西海岸やカフェをイメージした住戸等を用意。さらに、リビング横に配置した独立ワークスペース「セカンドワークプレース」や、食品庫兼用の備蓄庫「ストレージバンク」を導入した住戸も導入する。「セレクトプラン」は、床や建具などを購入者が選択できる提案で、「自由設計プラン」は、解体工事後のスケルトン状態で引き渡し、間取りや設備などを自由に設計することができるもの。

 共用部については、防水工事や塗装工事、タイル補修工事の他、デザイン性や防犯性に配慮した玄関扉やモニター付きインターホンの更新工事などを実施。その他、埼玉県の自転車保有率の高さに配慮し、駐輪場を46台から92台に拡充。防犯カメラの増設や宅配ボックスも新設した。

 分譲戸数は40戸で、専有面積は約66~81平方メートル(2LDK+S、3LDK)。販売価格は3,498万~4,228万円(第1期:2戸、第2期一次:8戸)。案内開始から約2ヵ月で資料請求約50組・モデルルーム案内約40組の反響を得ているという。

 同社リブネス事業推進部理事の平井聡治氏は、「今後も既存マンションや社宅等の買取再販事業を強化していく」と話した。

リノベーション後のリビング・ダイニング

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。